黒ずみを落とすから美白を作るへ

黒ずみを落とすから美白を作るへ

黒ずみを落とすから美白を作るへ

黒ずみに対して何らかの対策をとり、黒ずみを解消していきたいと思っているのであれば、まずは(黒ずみを解消する)という考えを頭から捨てるのも1つの手段と言えます。

 

一体どういう意味なのか?
黒ずみを解消しようと考えてしまうと、毛穴をキレイにすれば良いんだとか、古い角質を除去すれば良いんだといった風に肌を強く擦ったり洗ったりしてしまう人が多くなります。

 

ですが、これは外部からの刺激を肌が受けていることになるわけですから、もちろん黒ずみ解消に関して全く意味のない行動ということになります。

 

では、この考え自体を(黒ずみを解消する)というものから(美白を目指そう)という考えに変更してしまうことで、肌に余計な負担をかけることなく黒ずみを解消していくことができるのです。

 

お皿の汚れを落とそうとすると、強くゴシゴシ擦ろうとしますが、磨こうというときには曇っているところを見つけて、部分的に磨こうとしますし、力任せに擦ろうとはしないでしょう。

 

それと同じであり、黒いものを白く磨くのではなく、白い肌を作っていくのだという意識にすり替えてしまうことで、新たな黒ずみの原因となる摩擦や刺激を回避することが可能となります。

 

使用する化粧品でも、ビタミンC誘導体などは美白にも良いですし、美白に良いということはメラニンの働きを抑制してくれることになります。

 

商品に上手に頼ることもそうですが、まずは自分の意識改革から始めてみるのも良いでしょう。

 

メラニンの働きを抑えるには外部からの刺激を減らすこと

 

黒ずみを落とすから美白を作るへ

黒ずみを起こす原因の1つにメラニンが挙げられますが、そもそもメラニンとは肌を保護したり守るために活発に働くようになるものです。
そのため、紫外線を浴びて肌が大きなダメージを負うと、メラニンが肌を保護しようと働くため日焼けが起こったり、肌に大きな摩擦が生じ刺激を受けるとメラニンが働き黒ずみが起こったりします。

 

つまりメラニンは体内で働くものですがそのメラニンを働かせてしまうのはほとんどが外部からの刺激によるものなのです。

 

では、外部からの刺激にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

誰もがついついやってしまうふとした行動がほとんどなので、注意すべき点はたくさんあると言えます。

 

そもそも、デリケートゾーンや脇の下、バストなどですと下着が摩擦を起こし黒ずみの原因となっていると言えます。
自分の身体より極端に小さい下着や反対に大きな下着を着けてしまうと、肌と下着との間に摩擦が起こり、結果的に肌が黒ずみを起こしてしまうのです。

 

化学繊維でできているテロテロ素材の下着などは確かに着ている服に響かないので便利ですし、セクシーさを演出することもできますが、本来であれば摩擦が起きても肌に優しいのは化学繊維ではない綿100%の下着などなのです。
とはいえ、どうしても下着を履かずに生活することは難しいと言えます。
そのため、摩擦を起こさないようにするのはボクサーパンツを履いたり、自分の身体にサイズにきちんとフィットしているものを下着屋さんで測ってもらって購入することが1番であると言えます。

 

また、デリケートゾーンに限って言えば生理中のナプキンも摩擦を起こす原因となります。
生理中だけではなく、普段からおりものシートなどを使っている人も同じように黒ずみやすくなっていると言えますので注意が必要です。
生理中のナプキンで黒ずみを起こしたくないのであれば、タンポンを使うようにすると良いでしょう。

 

また、普段の生活の中でも、脚を組んだり、肘をついたり、膝立ちをしいたりという行動で膝や肘に摩擦が生じ黒ずみが起こることもあります。
入浴時にナイロンタオルなどの化学繊維のボディタオルで身体を洗うのも、肌に摩擦を与え黒ずみを起こしやすくする行動になっていると言えます。

 

普段の生活の中で皮膚が外部から摩擦という刺激を受けることは多々あります。
そうなってしまうと、これらの原因が積み重なって程度のひどい黒ずみを起こす可能性も否めません。

 

常に肌が余計な刺激を受けないように意識して行動することが重要なのです。

FX脱税